レイクを利用する際に明細を送られない様にする方法とは・・・

生活をしていると突然の出費が発生することがあって、現金の調達に困ってしまう人も多いです。例えば冠婚葬祭、結婚式などは予定を立てて積み立てをすることもできますが、葬式に関しては突然のことで予測することが不可能になります。また病気や怪我で入院することになった、手術を受けなければいけないといったこともあり、保険に入っていてカバーしてくれればいいですが、だいたいにおいて足りないことが多いです。それどころか未加入の人もいて、支払いに困ってしまうことがあるかもしれません。他にも生活費が足りなくなった、どうしても欲しいものがある、そういったケースが考えられます。

 

貯金があればいいですが、世の中のすべての人が余裕のある生活を送っているわけではなく、手持ちのお金がない人は多いでしょう。そうなってくると誰かから借りるしかなく、家族や友人、知人が無理な場合は金融業者を頼るようになるはずです。

 

金融業者は多く、中でもレイクは新生銀行系なので身元がはっきりとしているので、安心感があります。また即日融資、最低限度額である100万円以内なら保証人や担保が必要なく、免許証や保険証による身元確認と書類作成だけで融資が受けられます。しかもはじめて利用する人なら優遇措置があって、「借入額が5万円まで180日間無利息」と「借入額の全額30日間無利息」のどちらかを自分で選ぶことができます。融資を受ける時に問題となってくるのが高い利息ですが、レイクならはじめての人に安心して借りられるようにできています。

 

ただ融資を受ける、借金をする場合、誰にも知られたくないという人が多くなっています。特に家族と暮らしている場合、明細書が自宅に送られてくることで知られてしまうケースが多く、不安に思うかもしれません。ただレイクではそういった不安を減らすように、明細を書類ではなくインターネット上のWeb明細サービスに登録する方法がありますので、少しでもリスクを避けたい場合は利用することをおすすめします。こちらを利用するにはネットから会員ページにログインして、手続きを済ませるだけでいいので、郵便物が届くと不安だという人は行うといいでしょう。24時間いつでもアクセスできますし、過去6か月分の取り引き内容をWebで確認できるので、払い忘れなどの心配がなくなります。
事前にしっかりと対策をすることで、人に借金を知られる危険性をなくすことができます。