レイクのキャッシング金利について・・・

レイクのキャッシングは、所定の金利での借入となります。実質年率と呼ばれる利率であり、4.5%〜18.0%が設定されています。具体的に適用される利率は、審査が終了するまでわかりません。審査前に4.5%で借りたいなどと言っても話は通りません。利率は審査結果に基づいて決定されるので、事前に提示できるものではないのです。

 

一つ言えることは18.0%を超えることは絶対にないので、この金利での借入になると想定しておけば間違いないことです。昔のキャッシングは今とは比較にならないほど高金利でしたが、今は利息制限法によってグレーゾーンは廃止され、上限は20.0%と決められています。これを超える利率には絶対にならないので安心してください。遅延損害金は20.0%ですが、遅延しない限りは発生しません。遅延日数に応じて、利息に加算されて発生するものです。

 

レイクのキャッシングは、自分で利率を決めることはできませんが、利息はある程度調整できます。利息は様々な要素により変化してくるもので、主婦がキャッシング上手と言われる理由は、利息を減らすのが上手だからです。年率の部分は変えようがありませんが、借りる金額、返済期間などを意識すれば利息は抑えられます。少し借りて1回で返済していれば、借りすぎになることはありません。返済日に遅れないコツは、早め早めに返済していくことです。主婦の方は指定した返済日よりも、2〜3日前に返済するように意識している方が多いです。

 

キャッシングの利率は、借入額によっても変わってきます。一般的に高額の借入になるほど利率は下がっていきます。100万円以上を借りた場合、最高でも15.0%の適用となるのです。利息制限法によって、100万円以上は15.0%以内と決められているからです。レイクの融資限度額は500万円であり、借入額が増えるほど利率は低下していきます。ただし、最終的な利率はレイクが決定するので、詳細は審査終了後までわかりません。

 

上手にお金を借りるコツは、金利を下げるためにたくさん借りようと考えないことです。例えば、70万円を18.0%で借りていた場合、増額交渉をして審査に通って計100万円の借入に成功すれば、利率は間違いなく15.0%に下がります。増額前よりも3.0%も下がるのでお得に感じますが、借入残高が増えることを忘れてはいけません。利率は下がるでしょうが、利息として考えると大幅に増えてしまうのです。