レイクでお金を借りる事ができなかった理由とは何か?

レイクは新生銀行のカードローンです。銀行ではありますが、新規の利用者に対して無利息期間を設定するなど、顧客の利便性を高めたサービスが充実しているのが特徴です。お金を借りたいが、消費者金融を利用するのには抵抗があるという人にとっては非常に適しているカードローンだと言えます。

 

ただレイクは銀行の商品ですので、消費者金融よりは若干審査の基準が高くなっていることも考えられます。ですからせっかく申し込みをしたのに、審査に落ちてお金を借りることができなかったという場合もあるでしょう。審査にはいくつかの要件があり、それらをどれくらい満たしているかで合否が決定します。これから先もカードローンを利用したいのなら、まずは何が原因で審査に落ちてしまったかをしっかり分析しておく必要があります。

 

審査に落ちてしまう理由はいくつかあります。まず当たり前ですが、申込書の記載と実際が異なる場合は、審査に合格することは不可能です。少しでも審査に合格するようにと虚偽の記載をしても、独自の情報や信用情報機関の情報を得ているレイク側はすぐに見破ってしまいます。虚偽の記載が判明すればその時点で信用度はゼロになります。審査においては真実の情報を提出することがなにより不可欠なのです。

 

収入面についても審査では重要視されます。ただし収入の多さではなく、安定して継続的な収入があるかどうかということです。収入が少ない場合は借り入れ限度額を少なくすればいいだけですので、金融機関はそれほど重視しません。反対にいくら高額でも一時的な収入しかないという人については、金融機関はリスクが高いと判断するのです。
他社からの借り入れ数も大きな影響を与えます。これは借入総額ではありません。もちろんいくら借入金があるかということも審査には影響を与えますが、どちらかといえば借り入れ件数が多いほうが審査ではよる不利になるとされているのです。小口の融資を数多くの会社から借り入れをしている人のほうが、よりお金に困っているとみなされることが原因です。

 

これら以外にも属性や勤務形態、勤続年数、持家や電話の有無などが審査では問われますが、これらはすべて信用できるかどうかの指標にすぎません。審査で有利、不利になるということはありますが、派遣だからとか、借家だからとかの理由だけで審査に合格しないということはないのです。勤続期間が極端に短いとか、頻繁に引っ越しを繰り返しているとか、その人の信用度に疑問が生じるような状態にあることのほうが問題です。審査に落ちた場合は、まず自らの生活が信用されるに値するものなのかを振り返ってみましょう。